阪神木浪聖也内野手が2本の「お手本打」を放った。1回無死一、三塁で中前へ先制の適時打。5回にも1死一、二塁で左前へ運んで追加点を奪った。「どこにいってもやることは変わらない。結果を残すだけです」。

鮮やかなヒットに平田勝男2軍監督は「ファームに来ても必ずバッティングの見本になってくれる。(練習に)早く来て練習もしてるし。言うことないね」と脱帽した。