日本ハム6位JFE東日本・今川優馬外野手は待望の指名だった。千葉市内で会見に臨み「小学生のころから日本ハムファン。夢がかなった」と涙を流した。

東海大北海道4年時も候補に挙げられながら指名漏れ。社会人2年目の今年は、新型コロナの影響で公式戦はなし。アピールの場がなく、不安もあった。フルスイングが身上の道産子スラッガーは「小笠原さんのようにフルスイングで、新庄さんのように記録と記憶に残る選手になりたい」と目標を設定した。