ソフトバンク武田翔太投手(27)が25日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、8000万円から2000万円減の年俸6000万円でサインした。

「今年は何もできなかった。不甲斐ない1年。来年にかけるだけ」と武田は会見で口元を引き締めた。

昨年11月に右肘を手術したこともあり、今季は出遅れた。7試合に登板し2勝2敗、防御率6・48に終わった。プロ9年目で最低の数字となってしまっただけに来季への雪辱の思いは強い。「来年は2ケタ(勝利)は必ず取りたい。チームの力になることが一番ですが、納得できるシーズンにしたい」と力を込めた。(金額は推定)