台湾で行われているアジアウインターリーグに派遣されている中川勇斗捕手(19)が29日、負傷交代した。

NPBレッドの一員としてNPBホワイト戦に臨み、3回の打席で一塁へ向かった際に下半身痛めた模様で、その場に倒れ込み担架で運ばれた。来季プロ3年目を迎える将来の正捕手候補の状態が心配される。