ヤクルトの背番号1・山田哲人内野手が一番の男になる。

来季で主将4年目。今季はキャリアでワーストの打率2割3分1厘と、本来の輝きではなかった。千葉県内で行われたオーナー杯ゴルフ後、「理想のキャプテンになれていないと。自分が一番成績を出すというか、しっかり結果で背中で引っ張っていくという。特にここ2年は程遠い」と先頭に立ってチームをまとめていく。

【関連記事】ヤクルトニュース一覧>>