巨人菅野智之投手(34)が1日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨んだ。年俸5億円から1億円減の年俸4億円でサインした。

今季は開幕からコンディション不良に苦しんだ影響で4勝8敗、防御率3・36だった。14試合登板と投球イニング77回2/3はともに自己最少だった。「出遅れが全てだと思う。スタートに立てなかったのがプロ野球人生で初めてのこと。悔しかった」と振り返りつつ「後半のパフォーマンス、最後の5試合くらいは出力も高い状態で投げられた。久しぶりに投げてるボールに納得できた。まずは来年のスタートで同じ水準のパフォーマンスをするのが目標です」と指標に置いた。

今オフの自主トレについては「たくさん走ろうかなと。走ることだけは決めてます」と下半身をいじめ抜いて来季のスタートダッシュを狙う。(金額は推定)

【関連記事】巨人ニュース一覧はこちら―>