労働組合・日本プロ野球選手会は7日、大阪市内で定期大会を開いた。楽天で起きたハラスメント事案も議題に挙がった。

榊原コミッショナーの指示により、ハラスメント防止のため、各球団が複数の相談・通報窓口をつくることになった。定期大会に参加した選手からも賛同の声が出た。

会沢翼会長(35=広島)は「球団には言えなかったら選手会に言える窓口。選手会に言えなかったらNPBさんに言える窓口っていうところだと思います。何重にも、いろんなところの窓口があったらという話をしました。難しい問題だという話も出ました。しっかりと、この問題には向き合っていこうという話もしました」と、選手会として対応を進める考えを示した。