“伝統の前哨戦”で24年のオープン戦が開幕する。巨人は23日、阪神と対戦。3月29日の24年シーズン開幕戦(東京ドーム)と同一カードとなる。地元・那覇市出身で新選手会長の大城卓三捕手(31)は守り神シーサーのごとく扇の要を担い、主砲・岡本和真内野手(27)も正々堂々の勝負を宣言した。連覇を目指す阪神岡田彰布監督(66)は、巨人阿部監督の超積極走塁宣言を貫禄十分に受け止め、日本一メンバーを隠すことなく起用する方針だ。

  ◇  ◇  ◇

巨人阿部監督が“暴走族”を送り込む!? 阪神とのオープン戦に向け「信号無視をしない暴走族をつくっていこうかなと。ブンブンうるさいけど、ちゃんと信号守っている。そういう暴走族をね」と独特の表現で走塁意識の重要性を強調した。練習でも盗塁に加え、ディレードスチールを繰り返した。「こっちは隠すことない。動きますよと。動かれる脅威っていうのは僕も知っている。それを見せていければいいかなと」と相手ベンチをけん制した。

【関連記事】巨人ニュース一覧