3階級制覇に挑むプロボクシング前WBO世界スーパーフライ級王者の中谷潤人(26=M・T)が「ネクストモンスター」の本領を発揮する。

3大世界戦(24日、東京・両国国技館)の計量が23日、東京ドームホテルで行われ、昨年末に王座を返上して、挑戦者としてWBC世界バンタム級王者アレハンドロ・サンティアゴ(28=メキシコ)に挑む中谷は、リミットを200グラム下回る53・3キロでパス。

「今回の試合は自分にとってターニングポイント。勝ち方、内容でも期待に応えて、未来を開いていく」と決意を口にした。

○…サンティアゴは1度はかりに乗った後、再度パンツを脱いで全裸になって乗って53・4キロでパス。「私たちの持参したはかりとはほんの少し違いがあった」とホッとした表情を見せた。身長172センチの中谷と向き合うと、159センチの王者は頭ひとつ小さく見えたが「いつも背の高い相手と戦っている。何も新しいことはないし、何も感じない」と余裕をにじませた。