コンテンツエリア



メインコンテンツ

第9回大相撲総選挙

担当記者が大予想

第9回大相撲総選挙に投票していただき、ありがとうござます。日刊スポーツの担当記者が、1位から10位まで順位予想をしてみました。果たして結果はどうなるのか?投票は6月6日午後11時59分まで。結果は、6月上旬に発表します。

「看板」上り詰めた朝乃山が大本命/佐々木キャップ

今年の本命は、何と言っても朝乃山。昨年の夏場所で初優勝を果たし、あれよあれよと新大関にまで昇進し、日本相撲協会の看板力士となった。磨きを掛けてきた力強い右四つが力士として魅力的であり、土俵外では笑うとキュートな笑顔を見せる一面も好印象だ。

続きを読む >>

炎鵬が性格でもファンくぎ付け/渡辺記者

例年なら、夏場所の活躍度が投票結果に反映される傾向があったが、今年は中止。3月の春場所も無観客開催だったため、力士に対するファンの「熱中度」がつかみにくい。そんな中、これまでの経験則から、まずは番付上位から10力士を選出し、順位付けした。

続きを読む >>

ライバル心メラメラの豊山に期待/実藤記者

ポテンシャルを秘める豊山に期待する。恵まれた体つきは十分。何より、新大関朝乃山へのライバル心が「大化け」の予感を漂わせる。

続きを読む >>

「不屈の闘志」貴景勝が炎鵬追う/佐藤記者

昨年は若手で勢いのある力士が、ネットを中心に多くの票が集めた。今年は貴景勝、朝乃山、炎鵬の「3強」が優勝を争うと予想。

続きを読む >>

本場所再開までの楽しみに1票を/佐々木デスク

今回の大相撲総選挙は、やや規模を縮小して実施することにしました。コロナ禍の影響もあります。近年は告知や開票速報をインターネット番組で放送してきましたが、今回は取りやめます。

続きを読む >>




相撲・格闘技

SANADA勝利、新日本ニュージャパン杯4強決定
SANADA勝利、新日本ニュージャパン杯4強決定 [記事へ]





右カラム