女優今田美桜(22)が米倉涼子(44)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(10月17日スタート、木曜午後9時)の最新作で、新人看護師を演じることが16日、分かった。

第6シリーズを迎える人気作で今田は通期で出演する。今田は「びっくりしているのと同時に、すごくうれしい気持ち」と喜んでいる。

青森から上京した勤勉な看護師、大間正子を演じる。“福岡で一番かわいい女の子”のキャッチコピーが知られる福岡出身の今田は、今作で津軽弁に挑戦。感情が高ぶるとなまりが出る役柄で「全くなじみのない方言なので、すらすら言えるよう、今勉強中です!」と奮闘する。

また、演じる正子は幼い弟がいる実家への仕送りのため、勤め先に秘密で他病院でもアルバイトをする勤労少女。18年のTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season」や、19年の日本テレビ系「3年A組-今から皆さんは、人質です-」では、射抜くような視線でプライドの高い女子高生を演じ“強気女子”を印象づけたが、今回はまじめが取りえの看護師役。ひと味違う今田美桜像で「しっかりとした部分や向上心を見せられたらいいなと思います」。

看護師役も初だが、大門未知子を演じる米倉とも初共演。「何もかもが楽しみではありますが、大門先生の手術シーンを近くで見られるのはすごく楽しみ」と先輩女優から何でも吸収する意気込みだ。今田は「大間正子のまっすぐでまじめで一生懸命ひたむきに頑張る姿を皆さんにお見せできたら」と話した。

◆今田美桜(いまだ・みお)1997年(平9)3月5日、福岡県生まれ。13年に福岡でスカウトされ、芸能活動を開始。16年に上京。ドラマは18年フジテレビ系月9「SUIT/スーツ」、19年テレビ朝日系「セミオトコ」などに出演。20年公開の映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」に出演。「Yahoo!検索大賞2018」女優部門賞を受賞。157センチ、血液型A。