市川海老蔵(44)による新作歌舞伎「プペル~天明の護美人間~」が3日、東京・新橋演舞場で初日を迎えた。長女市川ぼたん(10)長男堀越勸玄君(8)は交互出演で同じ役を演じる。初日はぼたんが出演し、大きな成長ぶりを見せた。カーテンコールが4回、スタンディングオベーションも起こる盛り上がり。海老蔵とぼたんは大きく手を振って応えた。

お笑いコンビ、キングコングの西野亮廣の絵本「えんとつ町のプペル」が原作で、ゴミ人間プペルとはるの友情、はると父の情愛、信じる気持ちの尊さなどが描かれる。海老蔵はプペル、はるの父熊八、熊八の心臓、田沼意次の4役を演じた。早替わりを見せるたびに拍手が起こった。

はるを演じたぼたんは、暗闇の中で戦うさまを表現する「だんまり」と呼ばれる歌舞伎的演出に初挑戦。せりふ量も多く、繊細な内面を表現する難しい芝居もある。昨年は連続ドラマに初出演するなど、さまざまな経験をしたことが舞台に生きた。

感染対策のため一部販売対象外の席をのぞき、初日は完売。1300人以上で埋まり、海老蔵は終演後、ブログに「ただただ涙(中略)。今日なんとか無事に初日を迎えられ満員御礼にて、胸が熱くなりました(中略)。最後は多くのお客様が立って応援してくれていました。涙でした。心からありがたい」と感謝を記した。

4日に初日を迎える勸玄君は、海老蔵とぼたんの舞台を劇場で見守ったという。公演は20日まで。