モデルの亜希(54)が23日までにインスタグラムを更新。バイオリン演奏に挑戦した、コンサート「高嶋ちさ子のザワつく!音楽会2023」の全公演を終えた現在の思いをつづった。

21日に福岡で開催された同コンサートの最終公演を終えた亜希は「おはようございます。 昨日昨年9月からスタートした、 高嶋ちさ子のザワつく音楽会 2023 無事ファイナルを迎えました。」と報告した。

バイオリンを演奏する自身の姿やペンライトが輝く客席を前に満面の笑みを見せたショットとともに「何もかも初めてのことばかりで… 最近特に枯れていたであろう私の涙も、悔しの方ですが大阪初日に出た!笑 15歳でアイドル目指し上京してきた時この景色に憧れていたんだと再確認し、有り難すぎて出てくるこちらは感謝の涙! 回を重ねるごとに、更なる挑戦と奥深さ…色んな事を学ぶことができました。」と過去と照らし合わせて振り返り、「でも最後の最後に思ったこと。当たり前ではありますが、このチームには体調管理のスペシャリストが集結し、成し得た結果だと感じました」と思いを記した。

また「どんな仕事もそうですが、特にこの貴重なステージに立たせてもらい7公演万全で迎えられた自分にまずは(100点の絵文字)。そこから色んな点数を引いて引いて、合計200点で〆。あっ、増えてる。」と自身を点数付け。「そして高嶋ちさ子のかっこよさ、一番近い距離で観られた事は、私の自慢です。」と親友のバイオリニスト、高嶋ちさ子(55)への思いをつづった。

「全てにおいて、ありがとうございました。」と感謝の思いを記している。

フォロワーからは「真剣に向き合う姿、失敗しても笑顔で頑張る姿、等など足して足して300点です」「亜希さんの姿にたくさん勇気と元気をもらいました。ありがとうございます」「この投稿を見て友だちって素晴らしいと改めて思いましたとてもすてきです」などのコメントが寄せられている。