日本維新の会政調会長の音喜多駿参院議員が28日、自身のX(旧ツイッター)を更新し、岸田首相が党総裁としての説明責任を果たしたいとして報道機関に公開する形で衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席する意向を示したことに「意味はほぼない」とした。政倫審の開催を巡っては、公開での開催を求める野党側と、非公開を望む与党で折り合いがつかず、28日開催の予定が見送りとなった。

音喜多議員は、「総理の心意気は良いが、総理であれば予算委員会でも質疑できる」とした上で、「学級崩壊状態の党内へプレッシャーをかけることが目的か」との見解も示した。

フォロワーからは「予算委員会で質疑したら予算委員会が滞るでしょ」「自民党やその支持者と見られる型から、『野党は政倫審で国会の運営を止めるな』のような見当違いの批判があります。政倫審に意味がないと行ってしまったら、予算委員会を含めあらゆる委員会には意味がないと言っているに等しいです」「自民内部で批判を強める人もいないのはあまりに舐めている」などと、自民党の対応のまずさに非難が続出した。