TBSは28日、東京・赤坂の同局で定例社長会見を行った。佐々木卓社長は、現在放送中のドラマ「不適切にもほどがある!」(金曜午後10時)をはじめとする、今期の手応えについて言及した。

同ドラマは「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」など愛される作品を生みだした、脚本の宮藤官九郎氏と磯山晶プロデューサーと阿部の黄金タッグ、最高のキャストでお届けする意識低い系タイムスリップコメディー。また、「この作品には不適切なせりふが含まれていますが 時代による言語表現や文化・風俗の変遷を描く本ドラマの特性に鑑み 1986年当時の表現をあえて使用して放送します」といったテロップが掲出されることも恒例となっている。

佐々木社長は「今期のドラマは特色のある作品ばかりで、『Eye Love You』『不適切にもほどがある!』は配信でも好調。日曜劇場は登場人物それぞれに個性がある家族の物語で最終回が楽しみだと思います」とした。龍宝正峰取締役は「『不適切にも-』はお断りテロップやミュージカルシーンも好評。無料配信の総再生回数は史上最高、視聴率も上がってきて更新し続けている。今後も応援していきたい」と話した。

続けて「これまでの平均はどちらも200万回を超える再生数。視聴率も上向きでさらに再生数を伸ばしてくるのではと思います。Netflixでの配信も好調で1位2位を独占する週もあり、『Eye-』は韓国でもトップ10に入るなど、国内だけでなく海外でも盛り上がっています」と手応えを語った。