元メジャーリーガー田口壮氏(54)の妻恵美子さん(58=元TBSアナウンサー、旧姓香川)が5日、日本テレビ系「DayDay.」(月~金曜午前9時)に出演。メジャーリーガーの妻の役割について語った。

ドジャース大谷翔平投手(29)が結婚を報告し、今後大谷の妻にも注目が集まる可能性もあるが、恵美子さんはMLBでプレーする選手の妻の日常生活について「夫とともに球団の一員っていう意識は強かったと思います」と指摘。「チャリティーであったり、地域のボランティアであったり、いろんな形でその球団の一員として地域に貢献する」と話した。

球団ごとに名称は異なるようだが「夫人会」は存在するという。恵美子さんは「奥さんたちが集まって『みんなで何かやるよ』っていう感じの集まり。けっこうな頻度で集まって、今度はどのチャリティーをしてどんな貢献をしようかっていうのはかなり話し合いました」と振り返った。

アウェーでの試合でニューヨークに行くことになった際には「金銭的なことは、かなり差異を感じました。みんなでプライベートジェットで移動しよう、ということになって誘われて、乗ったはいいけど『誰が払うのかな』と思いました。彼女たちの感覚としては『ある人が払えばいい』ということ。私には請求は来なかった」と振り返った。

プライベートを重視する米国文化は日本人にとっては独特に感じたといい「『監督、今日いないね』って言ったら『お嬢さんの卒業式だ』って、『ふうん』って。私も日本の主婦感覚からしたらすごい、びっくりしました」と語り「たとえば奥さまが出産となったら(その父親となる選手は)まずもう(試合には)いないです」と話した。

さらに「米国は、家族が幸せなら、選手が良い成績を出してくれる、っていう意識が高いですね」と話し、球団の「家族に対してのケアがすごく厚いです」とも語った。