スーパーコンピューター富岳や実験でコロナ感染対策を研究する理化学研究所などのチームは4日、二重マスクなどについて研究結果を発表。不織布マスクの上にウレタン製や布製を重ねて着けた場合と、不織布1枚を隙間なく正しく着けた場合では、飛沫(ひまつ)の飛散防止効果は大きくは変わらないとした。

理研チームリーダー/神戸大教授の坪倉誠氏らによると、不織布1枚を鼻の部分の金具を折り曲げずにゆるく着けた場合、飛沫の捕集効率は69%しかないが、鼻の形に沿って変形させて顔に密着させると85%になった。不織布の上にウレタン製を重ねた場合は89%で、その差は4%とわずかだったという。

チームは「二重マスクは不織布をゆるゆるの状態で着けた上に布製やウレタン製を着けた場合などでは、ある程度の性能向上は期待できるが、効果は不織布1枚を正しく着けた場合と大きく変わらない。不織布を着ける場合は、1枚をできるだけ隙間なく着けることが大切」と指摘。「マスクの感染予防には限界があることを理解し、手洗い・うがいや室内の換気、人と人の距離や接近時間といった複合的観点から持続的な無理のない対策が必要」と呼び掛けている。

一方、歩きながら話す人はその後ろに飛沫が広がり、その領域は普通に止まって会話する時に前方に飛ぶ範囲より大きいと指摘。動く速度が速くなると、広がりも大きくなるという。