12月24日に中山で行われるグランプリ有馬記念(G1、芝2500メートル)に向けて7日、3年連続の出走となるディープボンド(牡6、大久保)が栗東坂路で2週前追い切りを行った、馬なりで4ハロン54秒5-12秒6をマーク。谷口助手は「今日はサラッと。変わらずにきていますし、いつもの感じ」とうなずいた。

前走のジャパンCは10着に敗れたが、有馬記念は一昨年にエフフォーリアの2着(昨年は8着)もある相性のいいレース。「前走も頑張っているし、悲観する内容ではなかった。今回はボンド向きの条件になるし、力を出し切れると思う」と巻き返しに燃える。

なお、この日発表された有馬記念ファン投票の最終結果では、19万2503票で9位だった。