nikkansport.com @ mobile

野球

野球の国から 高校野球編(取材後記)

高校野球「松坂世代の絆」編/23日から連載

  • FacebookMessenger
  • TL

<連載本編は8月23日からの日刊スポーツ紙面に掲載>

 第100回全国高校野球選手権大会は、大阪桐蔭の史上初となる2度目の春夏連覇に加え、大旋風を巻き起こした秋田・金足農の準優勝で幕を閉じた。

 史上最多56校によるドラマに、あらためて高校野球の魅力を再確認したファンも多かったのではないか。100年を超える歴史の中、今でも語り継がれるのが「松坂世代」です。「平成の怪物」の異名を取った松坂大輔投手(37=中日)擁する横浜は、1998年に春夏連覇を遂げ、公式戦を無傷の44連勝で駆け抜けました。

 昨年4月に始まった、高校野球長期連載「野球の国から~高校野球編」のフィナーレ、シリーズ8は、球史に残る激闘を繰り広げた「松坂世代」を取材することで、高校野球の魅力を、あたらためて探ります。「松坂世代の絆」と題し、7回連載します。


 8月23日からの日刊スポーツ紙面でお楽しみください。

 2018年夏、全国高校野球選手権大会(甲子園)が100回大会を迎えます。その記念大会へ向け、日刊スポーツが総力を挙げた連載が毎日、紙面に掲載されます。シリーズ1は「追憶」と題し、甲子園を沸かせたスター選手から、長嶋茂雄氏のように甲子園には出場できなかった選手までスポットを当て、高校野球の長い歴史を振り返っていく大河連載です。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

  1. 丸、浅村らFA宣言選手の交渉状況/19日現在
  2. 日本ハムが台湾の「大王」こと王柏融の交渉権獲得
  3. ソフトバンク古谷、高木菜那美帆と合同「金」トレへ
  4. オリックス無念「会って話したかった」浅村から断り
  5. オリックス金子が今週再交渉、大幅減額か自由契約か

コンテンツ一覧

nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
更新