修徳3戦連続逆転ならず 打線4安打止まり/東東京

<高校野球東東京大会:上野学園3-1修徳>◇22日◇準々決勝◇神宮球場

修徳は3戦連続の逆転勝ちはならなかった。先発したエース結城貞人投手(3年)は5回に逆転を許し、8回4安打2失点。終盤に強い打線も4安打止まりで追いつくことはできなかった。

結城は「出塁させてはいけないという気持ちが強く、力んでしまった。それでも、後悔のないように腕を振って投げた。3年間、つらいこともあったが楽しかった」と振り返った。

その他の写真

  • 上野学園対修徳 試合を見守る修徳・荒井高志監督(撮影・大野祥一)