渡辺元智氏「人数少ないところは問題」投手球数制限

日本高野連は20日、大阪市内で第3回「投手の障害予防に関する有識者会議」を開き、「1週間で500球まで」の球数制限をかける方針をまとめた。 11月の高野連理事会に答申し、決まれば来春の甲子園から導入の見通しだ。3年間は試行期間とし、強制力はもたない。3年後にデータを検証してルール化する運び。対象は甲子園大会と地方大会。軟式にも適用される。

▽元横浜監督・渡辺元智氏(74)「改革そのものは賛成です。でも、投手が一人のチームや公立の人数が少ないところは問題あると思う。どう考えるか課題。金属バットの危険性に関しては提言してきたので見直して欲しい」