浜松工・塩崎指名なし、悔しさバネに大学で飛躍誓う

<プロ野球ドラフト会議>◇17日

浜松工で強力打線の4番を務めた塩崎栄多外野手(3年)は、指名されなかった。

この日朝は近所の神社へお参りしたが、願いはかなわなかった。放課後は普段通り、練習に参加。指名がなかったことを受け、進学を表明した。「悔しさをバネに、大学で4年間しっかりと野球を続け、その先でリベンジしたい」と気持ちを切り替えた。

「もっと注目されるバッティング、遠投できる強い肩、走塁を極める」と飛躍を誓った。浜松工の思い出は「今夏の県大会でベスト4に入ったこと」。会見の最後には、監督やチームへの感謝を口にした。

その他の写真

  • 普段通りに練習に参加した浜松工の塩崎栄多外野手(撮影・倉橋徹也)