大牟田・三塁手兼務の猿渡が5回参考ノーノー/福岡

<高校野球福岡大会:大牟田19-0朝倉光陽>◇4日◇筑後地区大会1次リーグ◇大牟田延命球場

大牟田の最速140キロ右腕、猿渡歩真投手(3年)が5回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

1四球、13奪三振で「ストライクが先行し、投手有利のカウントで攻められていい投球ができた」。キレのある直球に加え、得意のスライダーやカットボール、チェンジアップをまじえ快投を演じた。

本来、三塁手だが、元々投手経験があり、今春から本格的に投手も兼務した。素質が見込まれ、代替大会のこの日のマウンドへは、背番号「1」を背負って投げた。

夏の全国大会がなくなり「ショックで、最初は難のために野球をやってきたんだろうとマイナスの考えになった」という。だが筑後地区大会開催が決まり「みんなで最後は優勝したいと、気持ちを入れ直した」と言い、気迫の投球につなげた。