【動画で体感】常総学院・一條力真の千賀フォーク

  • ブルペンで投球練習する常総学院・一條(撮影・横山健太)

日刊スポーツの高校野球は今夏、インターネット連動の動画企画を始めます。

第1弾は茨城独自大会で18日の2回戦から登場する、常総学院(茨城)の身長188センチの大型右腕・一條力真投手(3年)と最速150キロ右腕・菊地竜雅投手(3年)。記事で紹介する一條のフォーク、菊地のスライダーを迫力ある動画で視聴できます。

    ◇   ◇   ◇

一條は長身から投げ下ろす力のある直球とフォークが最大の武器だ。フォークはソフトバンク千賀をヒントに成長した。手と指の長さを利用し、遊びで投げたのが中2のころ。「もっとスピードのあるフォークを投げたい」と高校入学後、握りを研究した。人さし指だけボールの縫い目にかけて投げる。「球速がアップし真っすぐと同じ軌道でスッと落ちるようになった」。1年冬には走り込みで下半身を強化。投げ込みを増やしフォームも安定。最速は一気に16キロアップの146キロまで伸びた。「直球とフォークで三振を奪うと気持ちがいい」と目を輝かせる。

背番号10の菊地は、ケガを糧に成長した。1年秋に右肩を痛め、肩に負担がかかるフォームを修正。その年の冬は体重を10キロ増やし、トレーニングで下半身を強化。昨夏、茨城大会4回戦(東洋大牛久戦)で150キロを計測した。

菊地も一條に負けない魔球を持つ。昨夏、東海大相模との練習試合で、2/3回を3安打4失点。「真っすぐだけではダメ」と変化球の必要性を痛感。横のスライダーはカブス・ダルビッシュ、縦のスライダーは野球ゲームから新垣渚投手(元ヤクルト)の握りをヒントにした。「三振がとれるようになった」と投球の幅を広げ自信をつけた。

2人はギリギリまで進路で悩んでいたが、ともに大学進学を決め「もっと力をつけて4年後はプロへ」という気持ちは強い。今大会、一条が「常総学院の強さを見せたい」と言えば菊地は「優勝して笑って終わりたい」と続く。2人は頂点をしっかりと見据えている。【保坂淑子】