水戸啓明・大貫「まだ仲間と…」4強打ち切り/茨城

  • 水戸啓明対水海道第二 水戸啓明 8回表右前適時打を放つ大貫(撮影・沢田直人)

<高校野球茨城大会:水戸啓明4-2水海道第二>◇5日◇準々決勝◇ひたちなか市民球場

今大会は長く続いた雨の影響で4強で打ち切りに。4チームの「1位」を決めることになった。水戸啓明(茨城)は水海道第二(茨城)に4-2で接戦を制し勝利した。大貫翔真主将(3年)は今大会に「勝ってうれしいけど、まだ仲間とやりたかった」と涙を流して話した。

大貫は、3打席目まで三振、中飛、四球。3-2で迎えた4打席目、8回1死一、三塁で「キャプテンが決めてこい」ベンチにいた仲間からゲキが飛んだ。快音を鳴らし適時右前打に。ダメ押しの4点目を放った。「今まで自分のようなキャプテンに、ついてきてくれた仲間にありがとうと言いたい」と感謝を口にした。