楽天高梨「シンカーに挑戦しています」右打者対策

  • FacebookMessenger
  • TL

 楽天高梨雄平投手(25)が、シンカー取得で進化する。12日、神奈川県内で自主トレを公開し「シンカーに挑戦しています」。新人だった昨季は5月に2軍落ちを経験も、左サイドスローの中継ぎとして46試合登板。防御率1・03。今あるスライダーとシュートにシンカーを加えることで「対右(打者)を考えると有効かなと」。左打者だけでなく、右打者もしっかり抑えてロングリリーフも担う意気込みだ。

 年が明けて2度行ったブルペンでの投球でも試した。「現状では遊び程度。思ったところにいかないとサンプルにならない」。キャンプ、オープン戦で打たれることも想定済みだ。ドラフト9位指名された昨年の同時期には、サイドスローに転向したフォーム固めのため、ネットへの投球を毎日約2時間繰り返していただけに「試合のための準備ができている」と充実感にも満ちていた。

 昨夏から始めた逆立ち歩行などにより「緩みがちだった肩も安定しているし、体のバランスも良くなっている」。シーズン中は負担を考慮し約10メートルにとどめていたが、約25メートル×3本に増量。1年目の経験を踏まえた強化が着々と進んでいる。「どれだけでも投げられるようにするため、1球に対するスタミナを減らす」。新球や体強化で投球の質を高め、フル活動する。【鎌田直秀】

  • FacebookMessenger
  • TL