阪神横山、実戦復帰見えた 14年ドラ1が巻き返す

 阪神横山が復活へ1歩前進した。左肩痛や腰痛などのケガに悩まされ、調整が遅れていた。26日は鳴尾浜でシート打撃に登板。小豆畑相手に30球投じ、14スイングでヒット性2本に抑えた。

 安藤2軍育成コーチは「シート(打撃)を経て、実戦に入っていくところに向けての段階はクリアできた」と評価。14年ドラフト1位が巻き返しを期す。