ソフトバンク森が雪辱10S 5連打ショック消す

<ソフトバンク4-2ロッテ>◇11日◇ヤフオクドーム

ソフトバンクのストッパー森唯斗投手が2点差を守り、10セーブ目を挙げた。

9回2死二塁とピンチを背負ったが、中村奨を147キロの直球で空振り三振に仕留め、マウンドでほえた。「ずっとやられていたんで、絶対に抑えてやろうと思っていた」。8日の楽天戦(楽天生命パーク)では9回1死から5連打を浴び、サヨナラ負け。「しっかり仕事をやっていくだけ。今日はしっかりコースを突けた」と敗戦ショックも払しょくした。

その他の写真

  • ソフトバンク対ロッテ 9回を抑え捕手の甲斐(右)と握手する森(撮影・今浪浩三)