巨人高橋優貴「投げたかった」凱旋試合は雨天中止

茨城・ひたちなかで開催される予定だった巨人-DeNA戦が21日、雨天中止になり、巨人のルーキー高橋優貴投手(22)の地元凱旋(がいせん)登板は実現しなかった。

小学校6年以来というマウンドに「投げたいという気持ちはありましたし、年に1回2回しかないという話で、それが先発で当たることはなかなかないことですし、気持ち的には投げたかったです」と悔やんだ。

菅野が腰の違和感で登録抹消になり、高橋は22日のDeNA戦でプロ入り初のスライド登板に臨む。

「菅野さんが抹消されるということですけど、自分のやるべきとはさほど変わらないので、一番はチームに少しでも貢献できるようにと思っているので、そういうところは考えずにやっていけたら」と受け止めた。

その他の写真

  • 試合が雨天中止となり球場を後にする巨人高橋(撮影・足立雅史)