「たいしたことありません」/原監督

<日本生命セ・パ交流戦:日本ハム3-7巨人>◇16日◇札幌ドーム

巨人坂本勇人内野手が、勝ち越し2点適時打で勝利に貢献した。2回に追い付いた直後、2死二、三塁からスライダーを左前に運んだ。4回に四球で出塁すると腰の張りで代走を送られた。原辰徳監督のコメント。

「あの場面はスチールさせたかった。無理せずに代えようと。たいしたことありません」