楽天島井が走塁反省 コーチはスペシャリスト期待

<楽天5-6ロッテ>◇28日◇楽天生命パーク

楽天は勝ちパターンが崩れての逆転負けで3連敗を喫した。

8回の攻撃では1死二、三塁から代打藤田の中飛で代走の三塁走者島井がタッチアップできなかった。「外野も前進だったし、(さらに)前に落ちた場合、完全にベースに戻っていると、ホームにかえれない可能性があった。ヒットになってもかえれないのが、自分の中で最悪だと思っていたので」。雨が降り続いた影響で、スタートを切りづらいグラウンドコンディションでもあった。総合的な判断からハーフウエーまでは出ず、三塁ベース寄りの位置で捕球を確認していた。

直後に暴投で一時勝ち越しとなるホームインも、「(外野守備走塁コーチの)笘篠さんからは『難しい(打球だった)けど、タッチアップしてほしかった』と」。スペシャリストとしての期待を受け止めた。