オリックス竹安「なんとかゲーム作れた」7回2失点

<オリックス5-2ソフトバンク>◇7日◇京セラドーム大阪

オリックス竹安大知投手(24)が粘りの投球を見せた。強力ソフトバンク打線を相手に、毎回の9安打を浴びながら、要所を抑えて7回まで投げ2失点。

「全体的に被安打は多かったですが、インコースもしっかりと投げ切れましたし、なんとか粘りながらゲームを作ることができたと思います。ただ、ヒットが多く、守備の時間が長くなってしまい、攻撃のリズムにつながるピッチングができなかったところは反省しなければいけないと思います」と話した。

その他の写真

  • オリックス対ソフトバンク 4回表ソフトバンク1死三塁、竹安大知は甲斐拓也に中犠飛を浴びる(撮影・宮崎幸一)