DeNA-阪神は両軍とも決め手を欠いて引き分け

<阪神6-6DeNA>◇23日◇甲子園

序盤は両チームともに無得点。DeNAは初回1死から筒香の安打などで一、二塁の先制機をつくるも、4、5番が続けなかった。

阪神が5回に鳥谷の安打などで1死一、三塁とし、梅野のスクイズで先制。6回には糸井の適時打で2点目を追加した。

DeNAは7回に5点を奪い、逆転。阪神は8回に再び逆転したが、9回に追いつかれ延長へ。延長では両軍決め手を欠き、引き分け。

その他の写真

  • 阪神対DeNA 6回裏阪神1死一塁、糸井に適時二塁打を浴びたところで降板となる上茶谷(左)(撮影・前田充)
  • 阪神対DeNA 12回から登板する能見(撮影・前田充)