阪神青柳が調整「捕手が要求した通りに投げたい」

20日DeNA戦(京セラドーム大阪)に先発する阪神青柳晃洋投手が19日、甲子園で行われた投手指名練習で調整した。

「(前回登板のように)キャッチャーが要求した通りに投げたい。(チームが)連敗していても、連勝していても自分のピッチングを心掛けたい」

前回登板した13日の中日戦(ナゴヤドーム)は7回0/3を87球で無失点と力投していた。今回も好投して波に乗りたい。

21日に先発する秋山、22日に先発する望月も投手指名練習に参加して汗を流した。

その他の写真

  • 投手指名練習で投球する青柳(撮影・上山淳一)