長嶋茂雄氏「何といっても10・8」高木守道氏偲ぶ

巨人長嶋茂雄終身名誉監督が18日、17日に心不全のため亡くなった中日元監督の高木守道さん(享年78)をしのんだ。

球団を通して「私が立教大生の時に県岐阜商高に野球を教えにいった際、守備がうまく、足も速くて、すごい選手がいるなと思ったことを今でも覚えています。中日のスタメンに名を連ねているのを見て、すぐにわかりました。華麗なバックトス、対戦相手にとっては嫌なしぶといバッティングで中日を代表する選手になりました。監督時代は何といっても、互いに死力をつくした1994年の10・8決戦です。巨人の胴上げをじっと見つめていた表情は忘れられません。野球界にとって貴重な人材を失い、残念です」とコメントした。