阪神才木が約4カ月ぶりブルペン入り「感触は良い」

  • メディシンボールを手に小幡竜平(左)と話す才木浩人(撮影・上田博志)
  • 外野をダッシュして汗を流す才木浩人(撮影・上田博志)

阪神才木浩人投手が21日、約4カ月ぶりにブルペン入りした。捕手を立たせて、直球中心に20球。力強い球もあり「感触は良いと思います」。

昨年5月に右肘痛を発症し、登板は3試合。オフは体の使い方の見直しなどに時間を割いてきた。「2月にしっかり座って投げていけたら」。来月のキャンプを照準に本来の感覚を取り戻していく。