1軍狙う阪神片山に新名称「ドリームキャッチャー」

  • 大阪天満宮の福玉まきで笑顔を見せる、左から近本、小幡、木浪、斎藤、片山(撮影・渦原淳)

阪神片山雄哉捕手は大阪天満宮で「ドリームキャッチャー」の名を授かった。福玉まきに先立ち、MCを務めた中村泰輔権禰宜(ごんねぎ、37)が選手紹介。捕手片山には、昨年BC・福井から育成ドラフトで入団して支配下登録をつかみ、初の1軍出場を目指す経歴から「ドリーム-」が用いられた。本人は「初めて」呼ばれたと言い、直後のあいさつで早速使うなど気に入って様子だった。

今年は春季キャンプは1軍未経験ながら1軍メンバーに抜てきされた。「僕が結果を出したら、僕みたいな立場の人からしたら(自分が)夢のロードになっていくと思う。そういった意味では個人的には(フレーズに)しっくりきています」と笑顔。つかみたい夢を聞かれると「上のステージで活躍することが夢であり、目標」と即答した。ネーミングを考案した中村権禰宜は片山の好反応に「ありがたいです。苦労されたみたいだったので敬意も込めて」とエールを送った。