楽天涌井「楽しい1歩でした」新天地初登板1回0封

  • 練習試合阪神対楽天 2回に登板する楽天の涌井(撮影・上山淳一)
  • 阪神対楽天 楽天2番手で登板し2回裏を投げ終えた涌井(右)は銀次らナインとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)

<練習試合:阪神7-6楽天>◇16日◇沖縄・宜野座

楽天涌井秀章投手が新天地で初実戦に臨んだ。エース則本昂大からバトンを受け2番手で登板。直球を中心にスライダー、チェンジアップで打者と対戦する感覚を確かめた。

1回1安打無失点でマウンドを降り「次まで1週間弱ある。ブルペン、遠投を入れていきたい」と次回登板予定の実戦を見据えた。新天地での初登板については「楽しい1歩でしたね」と満足そうに振り返った。