プロ注目立大・中川が今季初先発で好投「引っ張る」

  • 立大 立大対東京国際大オープン戦。先発した中川颯は3回を投げ1安打4三振と好投した(撮影・保坂淑子)

<オープン戦:立大1-0東京国際大>◇20日◇立大・新座グラウンド

立大は東京国際大とオープン戦を行い、今秋のドラフト候補・中川颯投手(3年=桐光学園)が今季、初先発した。3回を投げ1安打4三振で無失点と好投し、チームを勝利に導いた。

「今年は自分がチームを引っ張る」。先発転向し、エースへ名乗りをあげたサブマリンの中川が、気持ちのこもった投球を見せた。先頭打者を「狙っていた」と空振り三振に仕留めると、真っすぐ、チェンジアップにカーブで緩急を交え、打者に的を絞らせず。4三振のうち空振りは3つだった。「今の課題は、空振りをとれる真っすぐと変化球を磨くこと。だいぶ、まとまってきた。もっと確率を高くできるように、フォームから固めていきたい」と手応えを話した。

1年春はリリーフエースとして優勝に貢献。その後もリーグ戦では抑えとして登板してきた中川だったが、これまで第1戦の先発を担っていた田中誠也投手(大阪ガス)が卒業。先発へ転向し、長いイニングを投げられるよう、年明けからトレーニングも積んできた。「今年はしっかり狙って優勝したい。1年の時は『勝っちゃった』なんて気持ちもあったから」と、エースとしてチームを引っ張る気持ちも強い。

今秋は、ドラフト候補としても注目されている。「上位指名を目指したい。完璧を目指さないと中途半端に終わってしまうから」。エースに優勝。そしてドラフト1位へ。1番を求める中川の1年が、今、スタートした。【保坂淑子】