日本ハム栗山監督「導かれる」上沢の開幕ローテ示唆

  • 練習試合 ロッテ対日本ハム 1回裏を無失点に抑え笑顔を見せる日本ハム上沢(撮影・横山健太)
  • 練習試合 ロッテ対日本ハム 試合前、離れた位置からあいさつを交わすロッテ井口監督(左)と日本ハム栗山監督(撮影・横山健太)

<練習試合:ロッテ5-5日本ハム>◇2日◇ZOZOマリン

左膝膝蓋(しつがい)骨骨折から完全復活を目指す日本ハム上沢直之投手(26が、開幕ローテ入りの可能性を広げた。昨年6月18日DeNA戦(横浜)以来、350日ぶりの実戦登板は先発で2回4安打2失点。試合後は「疲れましたね」と充実の疲労感が体を包んだ。最速は144キロで変化球もスライダーやフォークなど5種類を投じた。歩くところから始まったリハビリを経て、たどり着いたマウンドで「ある程度、投げられるのは見せられた」と振り返った。

上沢の実戦復帰はチームにとっても大きい。有原、杉浦、金子、加藤、マルティネスらの先発陣に上沢が加われば層が厚くなる。栗山監督も「ちょうど開幕が、あの事故から1年のところに設定された。そこへ向かって頑張ってマウンドに上がれる状況。導かれるということ」と開幕ローテ入りを示唆。上沢は「普通に(登板)回数を重ねていけたら(開幕から)投げられるかな」と明るい未来を見据えた。