阪神糸井「期間が空きすぎて」ガッツポーズに苦笑い

  • 阪神対広島 5回裏阪神無死一、二塁、中前に適時打を放つ糸井嘉男(撮影・上田博志)

<練習試合:阪神3-2広島>◇2日◇甲子園

阪神の糸井嘉男外野手が貴重な適時打を放った。5回の第3打席、無死一、二塁からしぶとく中前へ運び、勝利に貢献するチーム3点目。

久々の対外試合に「気持ちの入り方も違うし、久しぶりに試合の感覚を味わえて良かった」と広報の代理取材に答えた。

適時打の際に見せたガッツポーズには「期間が空きすぎて忘れてました。ちょっとワンテンポ遅かった」と苦笑いした。「短い時間の中でしっかりコンディションを上げていかなければ」と先を見据えた。