阪神大山、特大弾でアピール「1打席1打席が勝負」

  • 2軍練習試合 阪神対ソフトバンク 7回裏阪神2死一、二塁、左越え3点本塁打を放つ大山(撮影・清水貴仁)
  • 2軍練習試合 阪神対ソフトバンク 7回裏阪神2死一、二塁、大山(中央)は左越え3点本塁打を放つ(撮影・清水貴仁)

阪神大山悠輔内野手が一時逆転の3ランを放った。4番三塁で出場。5-6の7回2死一、二塁。大関の141キロ直球をとらえた打球は大きな弧を描いて左翼へ。ベンチの平田2軍監督も、驚きの表情で打球の行方を追う特大弾となった。

「1打席1打席が勝負なので、そこは無駄にしないようにと思ってやってるので。その結果がホームランなので、そこはよかったかなと思います」。打席数確保のため、2日から2軍戦に出場中で、前日は4打数1安打。この日は持ち前のパワーでマルテらと争う三塁定位置どりをアピールした。