阪神育成奥山プロ初打席で初適時打 平田監督も評価

<2軍練習試合:阪神8-9ソフトバンク>◇3日◇鳴尾浜

球団初の国立大出身、静岡大から育成ドラフト2位指名された阪神奥山皓太外野手が、プロ初打席で初タイムリーを決めた。4-4の6回2死一、三塁。代打で出場すると、大関のチェンジアップをとらえて左前適時打を放った。

「初球からいけと監督、コーチから言われているので、ネクストだとかでしっかり準備することを意識してやった結果がよかったかなと思う」。春季2軍キャンプ中に右膝痛で別メニュー調整となったが、順調に回復。平田2軍監督も「がむしゃらに、積極的にね」と評価した。