オリックス荒西「反省」新投球フォームも3回2失点

  • オリックス対ソフトバンク 3回表ソフトバンク無死二塁、荒西は牧原に右中間へ適時二塁打を打たれ失点する(撮影・加藤哉)

<練習試合:オリックス3-3ソフトバンク>4日◇京セラドーム大阪

オリックス先発の荒西祐大投手(27)が、3回4安打2失点でマウンドを降りた。

「ボール自体はストレートで空振りも取れていましたし、相手打者の反応もずれていたように感じたので、調子自体は悪くはなかったと思います」

開幕ローテーション入りを目指す右腕は、サイドスローに挑戦中。この日は腕を下ろした新投球フォームで挑んだ。「2ストライクに追い込んでから決めきれずに、カウント負けしたところを痛打されてしまったことは反省しなければいけませんし、今後の課題だと思います」。

4回からの2番手には同じく先発ローテーション争いをしているK-鈴木がマウンドに上がった。