日本ハム大田が先制打 渡辺、横尾続き初回に4点

  • 日本ハム対オリックス 1回裏日本ハム1死二塁、近藤は左前打を放つ(撮影・佐藤翔太)
  • 日本ハム対オリックス 1回裏日本ハム2死一、三塁、横尾は左前適時打を放つ(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム7-3オリックス>◇30日◇札幌ドーム

日本ハム打線が初回からつながった。

5番大田泰示外野手の先制パンチで口火を切った。1回2死一、三塁で、オリックス山崎福から4試合連続安打となる右前適時打。「一、三塁のチャンスをつくってもらったのでなんとかランナーをかえしたいと思っていました。甘い球をしっかりと打ち返すことができました。先制点を奪えてよかったです」。さらに一、二塁で、渡辺が「初球から積極的にいこうと思って打席に入りました。カーブに対してもいいタイミングで打ち返すことができてよかったです」と左前へのタイムリーで続いた。

一、三塁とチャンスは続き、7番横尾が左翼線に落とす適時打。「チャンスでみんながつないでくれていたので、ランナーを返すという強い気持ちで打席に入りました。しっかりと追加点を取ることができてよかったです」と、相手の失策も絡んで2点を加えた。

1回に3連続適時打を含む5安打を集め、4得点。今季初めての本拠地の先発マウンドに上がった杉浦を援護した。