左肘張りの阪神岩崎、強度上げ捕手座らせ20球

  • ブルペンで投球練習をする岩崎

左肘の張りで2軍調整中の阪神岩崎優投手が、ブルペン投球の強度を上げた。5日、鳴尾浜で全体練習に参加。捕手を座らせながら、変化球を交えて20球を投げ込んだ。

前回7月28日の投球練習では、患部の感触を確かめる程度だった。左腕は「慎重にはやっていますけど(状態は)悪くないです」と話した。順調に復帰へのステップを踏んでいる。