開志学園・竹村「勝ててうれしい」連勝で準決勝王手

<KWBF高校女子硬式野球大会>◇8日◇Aグループリーグ戦◇埼玉・加須きずなスタジアム

開志学園は2試合を行い2連勝し、準決勝進出に王手をかけた。

第1試合は、竹村理投手(3年)が、横浜隼人(神奈川)打線を6回1安打無失点に抑え、5-0で快勝。

第2試合は、左腕柳沼未歩投手(2年)が駒沢学園女子(東京)を1点に抑え、5-2で勝利。漆原大夢監督(27)は「公式戦で選手が緊張していた。堅く戦いました」。好投の竹村は「教えられたことを実行している。勝ててうれしい」と笑顔を見せた。12日にリーグ戦の残り2試合を戦う。