日本ハム斎藤佑樹初1軍ゼロ「登板できない」肘痛か

日本ハム斎藤佑樹投手(32)が故障のため、今季の残り試合は登板しないことが29日、明らかになった。

オリックス戦(札幌ドーム)の試合後に取材に応じた吉村浩GM(56)は「詳しくは言えないけども、今は登板できない状態」と説明。右肘痛とみられ、治療法などの今後については「検討する」とした。斎藤は今季、開幕2軍スタート。イースタン・リーグでは19試合に登板し、1勝3敗、防御率9・31。

実戦登板は16日の同リーグ巨人戦(ジャイアンツ)が最後で、10年目で初めて1軍登板なしに終わる。