楽天ロメロ「パーフェクトスイング」8戦ぶり1発

  • ロッテ対楽天 4回表楽天2死二、三塁、ロメロは左中間へ先制の3点本塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)

<ロッテ6-3楽天>◇31日◇ZOZOマリン

楽天ステフェン・ロメロ外野手(32)が8試合ぶりの1発となる24号先制3ランを放った。

4回2死二、三塁、カウント2-2からロッテ二木の甘く入ったフォークを捉えた。打った瞬間に手応えで柵越えを確信し、ゆっくりと歩き出した。左中間席中段へ放り込み、勝てば2位ロッテに0・5ゲーム差に縮められる一戦で貴重な得点を奪った。「打ったのはたぶんフォーク。2アウト二、三塁だったから『歩かされるかな?』と思って、くさいところを突いてくるという意識でいたよ。でも、追い込まれたからコーナーよりも甘いところに来たら強くたたこうと思っていたんだ。パーフェクトスイングだったね。イシバシを援護できて良かったよ」と笑顔で振り返った。