夏の絵日記2019

モンゴルでバーベキュー/8月7日 大翔鵬

大翔鵬関(24=追手風)は「夏といえばこれかな」と、故郷モンゴルでバーベキューを楽しむ様子を描いてくれました。

大翔鵬の絵日記
大翔鵬の絵日記

アイデアを思いつくと、5分足らずでサラサラと描き上げた大翔鵬関。照りつける太陽が印象的ですが「こっちと違って向こうはカラッとした暑さなんです」と、過ごしやすい気候のようです。そばには川が流れており、汗をかいたら水遊びが一層楽しめそうですね。ちなみに絵の中で川を泳いでいるのは「逸ノ城関と水戸龍関」とのこと。同じモンゴル出身の関取と、仲良くキャンプといったところでしょうか。

図らずも3日掲載の逸ノ城関と似たような絵になりましたが「僕の方がうまいです」と自信満々。しかし、たまたま通りがかった玉鷲関には「うちの息子(長男のエルムン君)の方が上手に描けるよ!」とちゃちゃを入れられてしまい、苦笑いを浮かべる大翔鵬関でした。

日刊スポーツ大相撲企画「大相撲 夏の絵日記2019」を掲載しています。 夏巡業に参加した関取衆らに個性あふれる絵を描いてもらいました。

おすすめ情報PR

相撲・格闘技ニュースランキング

更新